吉備国際大学の奨学金・特待生制度

高梁市・順正学園特別奨学金制度 
給付制/免除制 学力基準による受給条件なし 家計基準による受給条件なし

  • 定 員

    なし

  • 受給資格

    令和5年度から、高梁キャンパスに設置の学部・学科(下記)に入学するすべての新入生が対象です。
    年間20万円(最大4年間でトータル80万円)が学費から自動的に減免されます。

    対象となる学部・学科
    「社会科学部」
     経営社会学科、スポーツ社会学科
    「看護学部」
     看護学科
    「人間科学部」
     人間科学科心理学専攻
     人間科学科理学療法学専攻
     人間科学科作業療法学専攻
    「アニメーション文化学部」
     アニメーション文化学科  

  • 概 要

    吉備国際大学(高梁キャンパス)は、高梁市との連携体制により、学生に対する協力なバックアップ制度を確立しています。
    このたび、新しく「高梁市・順正学園特別奨学金制度」が、令和5年度入学生からスタートします。
    この制度は、高梁キャンパスに設置の学部・学科に入学するすべての学生が、無条件で対象となります。
    年間20万円(最大4年間でトータル80万円)が学費から自動的に減免されます。
    ただし、入試特待生との併用はできません。

南あわじ市入学奨励金制度 
給付制/免除制 学力基準による受給条件なし 家計基準による受給条件なし

  • 受給資格

    南あわじ志知キャンパスに設置の農学部に入学するすべての新入生が対象です。
    農学部新入生には20万円が南あわじ市から支給されます。また、住民票を南あわじ市に移した新入生(入学前から住民票が南あわじ市にある学生も対象。なお、住民票は入学後、4月中に南あわじ市に移すことが条件です。)には、10万円を加算し、合計30万円が南あわじ市から支給されます。
    ※支給には申請が必要です。

    対象となる学部・学科
    「農学部」
     地域創成農学科
     海洋水産生物学科

  • 概 要

    農学部を設置する南あわじ市と本学では連携体制があり、強力なバックアップ体制が確立されています。その例として、「南あわじ市大学入学奨励金制度」があります。これは、大学と連携したまちづくりによる地域活性化及び若者の定住促進を図ることを目的としたものです。教育面だけでなく経済面でも強力なバックアップ体制が確立されています。

特待生制度 
給付制/免除制 家計基準による受給条件なし

  • 定 員

    なし

  • 受給資格

    該当入試での成績上位者

  • 概 要

    入学試験(推薦総合選抜B日程・一般選抜前期(A方式・B方式)・一般選抜中期・大学入学共通テスト利用(前期))の成績により成績上位者を特待生として選考します。
    特待生にはS・A・B・Cと4種類があります。(入試により特待生の選考種類は異なります)
    Sは授業料全額免除(1年間:継続審査有)、Aは、500,000円の授業料減免(1年間:継続審査有)、Bは、300,000円の授業料減免(1年間:継続審査有)、Cは、300,000円の授業料減免(1年間のみ)。
    ※特待生S・A・Bの対象者は、1年間の減免後、毎年度末に行う継続審査により、在籍中の成績が優秀だと認められた者は、最長4年間減免されます。

    対象入試:
    【推薦総合選抜B日程入試】「※外国語学部のみ選考」特待生A、特待生B
    【一般選抜前期(A-1方式)】特待生S、特待生A、特待生B
    【一般選抜前期(A-2方式)】特待生A、特待生B
    【大学入学共通テスト利用(前期)】特待生S、特待生A、特待生B
    【一般選抜前期(B方式)】「※農学部、外国語学部のみ選考」特待生C
    【一般選抜中期】「※農学部、外国語学部のみ選考」特待生C

    ※このほかに、「スポーツ推薦(特待生)※社会科学・看護・人間科学・アニメーション文化学部のみ」と「自己推薦(特待生)※外国語学部のみ」があります。
     詳細については学生募集要項でご確認ください。

伊藤奨学金(外国語学部だけの独自の『奨学金制度(1)』) 
給付制/免除制 学力基準による受給条件なし 家計基準による受給条件なし

  • 受給資格

    【外国語学部生のみが対象の奨学金】
    能力と意欲のある学生達が、経済的な理由で海外留学を断念したり、比較的留学費用が安価な国へ留学先を変更したりせざるを得ない状況にならないよう、岡山県高梁市出身元京セラ代表取締役社長伊藤謙介氏の寄付によって創設された給付型奨学金です。
    「応募資格・採用予定者数・給付額について」
    奨学金受給時点で外国語学部2年生~4年生に在籍しており、4か月以上、北米、ヨーロッパ、オーストラリア等留学費用が高額である地域の提携校に海外留学を希望する者
    成績が申請時にGPA3.0(4点満点)以上、TOEIC620点以上取得している者
    採用予定者数:年間上限5名
    奨学金給付額:一人上限100万円
    「その他」
    奨学金給付額は年度によって変動することがあります
    外国語学部特別奨学金「スタディー・アブロード特別奨学金」と重複して受給することはできません
    日本学生支援機構から給付型奨学金を受給している学生も受給申請可能です。

スタディー・アブロード特別奨学金(外国語学部だけの独自の『奨学金制度(2)』) 
給付制/免除制 学力基準による受給条件なし 家計基準による受給条件なし

  • 受給資格

    「外国語学部生のみが対象」
    1人15万円給付(同一年度内1回限り、年度あたり5名以内)
    選考方法:学内実施のTOEIC IPの成績優秀者から

学業優秀者特別奨学金(外国語学部だけの独自の『奨学金制度(3)』) 
給付制/免除制 学力基準による受給条件なし 家計基準による受給条件なし

  • 受給資格

    「外国語学部生のみが対象」
    1人年間30万円給付(1学年1人、毎年度選考を行う)
    選考方法:TOEIC成績と学業成績(GPA)の一定基準以上
    ※日本学生支援機構の給付型奨学金受給学生は申請不可

    特別奨学生は本学外国語学部に在籍する2年次生以降から申請できます。

    「スタディー・アブロード」「学業優秀者」の両方の特別奨学金を申請・受給することも可能です。返還の必要はありません。ただし、奨学生の決定を取り消された場合は、受給した奨学金を返還していただきます。

※2025年度入学者を対象とした情報です。